お弁当。それは主婦にとって、とっても悩ましいことの1つである。なんたって毎日のことだから。毎日工夫して色んなおかずのお弁当にしようと思って気を使っても、それを食べる相手ははたしてそれに気がついているのか、いないのか。さらに悩ましいといえば、行事のお弁当だ。今は秋。秋といえば、運動会の季節ではないか。

さて、よそのお宅はどうしているのだろうか。以前、知り合いの女性が言っていた「最近のママは楽だよー」。そう言った彼女は運動会のお弁当をどうしているのかというと、デリバリーのおすし屋さんに、事前に太巻きを注文しておくんだそうだ。作るのはおかずのみ。なるほど、そりゃ昔のお母さんたちに比べたら楽だわな。

にしてもだ、太巻きやお稲荷さんはまぁ定番ですぐに思いつくことだからいい。問題はおかずの方である。から揚げ?え?あとは???思考停止だ。でも今ってホント便利ですよね、なんたってネット社会ですもの。私は最近はお料理本なんて全然買いません。ネット検索したら、一生かかっても作りきれない量のレシピがワンサカですもの。運動会のお弁当のレシピだっていくらでも出てきます。しかも、小学校用、幼稚園用なんかに分かれていたりします。

いまどきなんて、ピラフやベーグルなんていうのもお弁当に登場する。す、すごい。時代が違いすぎる。私の母親も前日から用意をして、立派なお弁当を持って応援にきてくれたものだ。ああそれなのに、思い出してみると、私がお弁当の中で好きだったのは、漬物&お茶…。漬物をパリパリ食べながらお茶を飲むのが好きでした…。なんという小学生。

中身をこっても、結局具体的な内容なんて覚えておいてもらえないものかもしれません。しかし、作ってもらった思い出は、しっかり心の中に残っております。作るのはイマイチ面倒だけど、やっぱ手作り弁当っていいわぁ。誰か作ってくれないかな私に。


エントリ

カテゴリ

Copyright (C) -2008 teresadiary. All Rights Reserved.