お米売り場にて

フランスでもお米が買えます。スーパーマーケットの棚にも、各国のお米がびーっちり。タイ米、アメリカ米…、でも残念ながら、日本食品店に行かなければ日本米は入手できません。タイ米は、安いもので1キロ100円くらいで買えちゃえます。

だいたいが1キロ袋で、大袋はあまり見かけません。お米の箱や袋には、「長いタイプ」とか「丸いタイプ」とかって表示があり、丸いタイプの方が、日本米に近い味かな。フランスの人々は、炊いたご飯を、サラダに混ぜて食べたりしているので、きっとクスクス感覚なんでしょうね。

そして、フランスでは、我らがお寿司のブームが、もう長いこと続いています。何せ、日本人の印象と言えば、「超長生き。ヘルシーなお寿司のおかげ?」らしくて。健康にとても興味があるフランス人は、日本人のヘルシーな食事、禅に代表される静かな精神スタイル、そういうものを真似すれば、自分達も長生きできるんじゃないか、なんて考えるらしく。この間も、テレビで真面目に討論してました。

そんな追い風があってか、フランス全国津々浦々に和食レストランがあります。我が町にも二軒ありますが、常に混んでいるようです。 さらに、スーパーマーケットの鮮魚コーナーには、パック寿司が!パックの内容は、鮭とマグロの握り寿司、サラダ巻き寿司、それと、シャリに鮭の刺身を混ぜてミートボール状にした…オリジナル寿司?です。1300円くらい。

いつも眺めては、そのミートボールのかわいらしさに笑っていますが(だって幼稚園のお弁当みたいなんだもん)、まだ食べてみたことはありません、笑。

お米売り場

↑↑ 各国のお米がびーっちり。だいたいが1キロ袋で、大袋はあまり見かけません。

お米

↑↑ 丸いタイプの方が、日本米に近い味だと思います。

ついでに日本の食材コーナーへ

ちなみに、大型スーパーでは、各国の食材が並んだ棚もあります。日本の食材コーナーには、スープ付きラーメン、パック入り豆腐、カップヌードルなどなど。カップヌードルは、しいたけ味とすき焼き味があり、すき焼き味を食べてみました。カップラーメンのスープが、すき焼きのタレの味、という感じでしたよ。

スープ付きラーメン

↑↑ 日式ラーメン。これが日本のラーメン?(笑)。

豆腐

↑↑ 日本の伝統。お豆腐がフランスのスーパーで買えるっていいですね。

カップラーメン

↑↑ 左側が「しいたけ味」。そして右側が「すき焼き味」のカップラーメン。

サイトMENU

Copyright (C) -2008 スーパーマーケットからフランスを知る. All Rights Reserved.