レジ袋はもらえません。

フランスは日本より、ずっとエコ!スーパーマーケットでレジ袋、私はまだもらったことないです。なのでみんな、マイお買い物袋、エコバックを持参しています。たいていは、よく行くスーパーのロゴ入りの厚手ビニール袋を持って来ているようです。お年寄りに多いのは、小さいスーツケースのようなカートですかね。中には大きな籐のカゴを持って来ている人たちもいて、そこからひょこっとワインやパンの頭が覗いていると、絵になりますよ。写真は私のエコバックで、右のはワイン袋です。かなり重宝しています。

レジの近くにもエコバックが置いてありますが、買っている人はあまりいないかな。エコバックの用意がない人は、買った商品をそのまま両手に積み上げたり、小脇に抱えたりして歩いて行きます。外国の映画で、袋に入っていないお土産を片手に帰宅するシーンがあって、どうしてだろう?って不思議に思っていましたが、そういうことだったようで。

あと、うちは徒歩族なので、買い出しに行く時はたいていリュックも背負って行くんだけど、店内に入る前に危険物のチェックをされることが多く。用心深い警備員に当たり、買い物が終わるまでリュックは没収なんてこともありましたよ。何も悪いことしていないのに、ドキドキしちゃいますよー。

エコバック

↑↑ 私のエコバック。右のはワイン用です。

買い物カゴがないことも多い

そして、1ユーロコインがなくてカートが使えない時、こちらには買い物カゴがないことも多いので、商品が手に持ち切れなくなると、なんと選んだ先から、どんどんエコバックに入れちゃうの!←初めてその光景を見た時、堂々と万引きしてるわ!ってびっくり。

ちなみにこちらのレジは日本と違い、ベルトコンベアー式でして。お客さんがせっせとベルトコンベアーの上に商品を並べ、レジの人がピッピッと通し終わった品物から、お客さん自身がまたせっせとカートやエコバックに入れるんです。これがなかなかせわしなく。無駄な動きをしてる暇なぞなく。やっぱりエコだなぁと思うのです。

サイトMENU

Copyright (C) -2008 スーパーマーケットからフランスを知る. All Rights Reserved.