牛乳もお水もとても安価!

フランスは、飲み物もハイカロリーです。特に牛乳がかなりクリーミー。クリーミー度合い(脂肪分?)がけっこう選べるんだけど、クリーミー度合い半分って表示してある商品を選んでも、日本で飲む牛乳よりずっとクリーミーに感じます。無調整の牛乳は、これは、生クリーム?っていう濃さでした。

フルーツジュースも、みんなじゃぶじゃぶ飲んでいますよ。100%のジュースや、希釈用シロップばかり売っていて、日本にあるような10〜30%のオレンジジュースとかはあまりないようです。私はあまりジュースは好まず、日本でも冷たい麦茶ばかり飲んでいたので、糖分のない冷たい水以外の飲み物がなくて、今一番困っているのはそれです。子供達も、太るんじゃないかしら?

フランスでは、必要な物は全般的に安いので、牛乳もお水もとても安価!お水なんて、2Lで60円くらいのを見つけたことがあります。水道水でも十分飲めますけどね。

牛乳とジュース

↑↑ これは、生クリーム?っていう濃さの牛乳。右は、100%のリンゴジュース

コーヒーの種類は豊富

フランスでは、毎朝カフェオレを飲む習慣があるので、コーヒーの種類は豊富ですよ。スーパーマーケットでも、コーヒー豆専門店並みに、各国の豆が揃っています。カプチーノ、カフェオレはもちろん、紅茶、ココアなんかも粉末になっていて、お湯に溶かせばいいだけの状態で大きな缶に入って売っています。日本でももちろんそういう商品はあったけど、フランスの方が消費量が多そうですね。

そして、飲み物売り場で信じられない光景が。子供にジュースを選ばせて、なんとその場でバリバリッ!蓋を開けて、飲ませちゃうの!お菓子売り場でも、その場で食べているのを見たことがあります。私が唖然としていたら、周りの人達は、「後でどうせレジでちゃんとお金払うんだからいいんだよ」って説明してくれました。←真偽の程はわかりません。「水分補給は、あ、必要だ、と感じたらすぐしなければならない」なんて言って、正当化していましたよ。日本ではありえないわ、きっと補導されちゃう、笑。

カフェオレ

↑↑ フランスは、本当にカフェオレを毎朝飲むのが習慣なのです。

サイトMENU

Copyright (C) -2008 スーパーマーケットからフランスを知る. All Rights Reserved.