デザートに割くスペースの割合が半端じゃない

フランス人。「もしかしてデザートをよりおいしくいただく為に食事をしているのですか?」と問いたくなるほど、デザートにかける情熱がすごい!なんなら毎食後にデザート。毎日がデザート三昧!

私だってデザートは大好き。だから最初はとってもはしゃいだけれど、とても毎回は付き合えない、胃がもたれちゃうぅ。カフェで、コーヒーと一緒にカットケーキでも、って思いショウケースを覗いても。「これ、カットケーキ…、ですか?」って思わず確認してしまい、そして「ウィ、もちろん」と言われ、こんな大きいケーキ、絶対食べ切れない!といつも断念してしまうくらい、ひとカットが大きい。

スーパーマーケットでも、ご覧の通り。ずらずらーっと全部、デザート。デザートに割くスペースの割合が半端じゃない。だってこれ、全部生ですよ、何歩歩いてもまだまだ続く列。生ものでこんな量!

でもきっと、一日が終わる頃には、ほとんどが売れてなくなっているんだろうなーと思うと、フランスにおける生デザートの消費量って、いったいどれくらいなんだろう、と恐ろしくなります。でも、それらのなんておいしそうで、カラフルなこと!

そして日本ではどうも、甘いものは子供や女性にばかりニーズがあるけど、こっちは、おいじいちゃんでも変わらず、バックバク。というわけで。デザートコーナーには、おじいちゃんもおばあちゃんもいて、ゆっくりじっくり吟味して選んでいるのをよく見かけます。

デザート売り場

↑↑ 全部デザートなのデスよ・・・

デザート

↑↑ ひょっとして、一人分デスか・・・??

なぜ痩せているのだ?

箱菓子はまた別の場所に、おびただしい量が並んでいます。100円くらいの袋菓子でも、うなるほどおいしいです。外れたこと、なし。ちなみに、日本のように、お菓子の棚の前でひっくり返って泣いている子供はいません。そう言えば、公の場で大騒ぎしている子供も見たことないな。

しかしあんなに甘いものばかり食べて、脂肪を分解するお茶を飲むわけでもなく、痩せている人がいるのは、どういうカラクリだろう、本当に、知りたいです。

箱菓子1

↑↑ うなるほどおいしいです。

箱菓子2

↑↑ ふわー、カロリー高そう・・・。

箱菓子3

↑↑ お気に入りのチョコ菓子です。

サイトMENU

Copyright (C) -2008 スーパーマーケットからフランスを知る. All Rights Reserved.