とにかくデカイ!

お買い物カートは、ビッグです。他のサイズや、日本でよくあるような子供用シートが前面にあるタイプは、見ませんねー。カートがデカいのは、土曜日にまとめ買いする家庭が多いからかしら?日本の業務用スーパーにもなさそうな、大容量の商品も多いし。←ポンプ式樽入りのケチャップとか、普通の人々が買って行くそうですよ、ここは田舎で、家が大きいからきっと収納スペースにも困らないんでしょうね。

全部の店ではないけど、カートに簡単に取り付けられるタイプのベビーシートも無料で貸し出されていますよ。赤ちゃん連れのお買い物にはとても便利ですね。あ、でも、そんな配慮をしている割に、トイレに赤ちゃんのオムツ変え用シートがあるのは、まだ見たことがないけど…。

そして、このカートですが。駐車場にいっぱい並べてあるんだけど、全部鎖でつながっています!鎖から外すには、1ユーロを差し込まなくてはなりません。日本でも、おもちゃ売り場の階限定のキャラクターカートは、100円を差し込むタイプだったわと思い出しつつ。フランスでは、お金を入れるようにしないと、カートを使い終わった後、律儀にカート置き場に戻す人がほとんどいないんですって。さらに、カートを持って帰ってしまう人がいるとか(こんなにデカいカートを…どうやって?)。

お買い物カート

↑↑ カートがデカい・・・。

誰が考えたのか知りませんが、優れ物!

ちなみにこっちでは、みんなあまりキャッシュを持って歩いていません。支払いは、カードが主流です。←最近では、小切手を使えるお店もだんだん減ってきたようです。だから、買い物に出かける前に、1ユーロコインが財布に入っているかどうかのチェックが必要です。それと、レジ袋がもらえないので、マイバックと。

しかし、忘れる時もあれば、1ユーロコインがない時だってある。そんな場合のお役立ちグッズがあります!車のキーホルダーとかが、写真のように1ユーロと同じサイズ、厚みでできているのです。誰が考えたのか知りませんが、優れ物!感心しますわ。

お役立ちグッズ

↑↑ このグッズは優れ物。思わず感心!

サイトMENU

Copyright (C) -2008 スーパーマーケットからフランスを知る. All Rights Reserved.